九州に行ったら5年ぶりに泣いた。知覧で特攻を知る。

九州に行ったら5年ぶりに泣いた。知覧で特攻を知る。

 

目次 [見る]

九州に行くならここを見ずして、帰れない。

こんにちは。ダイキです。8月後半から9月前半にかけて初めて九州に行きました。足を踏み出したいと思っていた九州、念願が叶いました。九州を一周しました。(しかしなんと、大分だけ行っていないのです。なので約一周ですね。今度は中津の唐揚げでもたべたいです・・・。)おっと、話がそれそうです、戻しましょう。

今回私がどうしても伝えたいスポットは鹿児島県 南九州市 知覧町にある「知覧特攻平和記念館」です。ここに行かずして、九州は語れない、と思いました。

知覧特攻平和記念館とは

この記念館は知覧飛行場の跡地に建てられました。知覧飛行場では戦闘機のパイロットを育成していました。しかし、太平洋戦争の末期、沖縄を責められて追い詰められた日本軍は「特攻」を開始。本土の中でも沖縄から近い位置にあった知覧飛行場は、特攻基地として機能するようになりました。

知覧からは439名の特攻隊員が飛び立ち、帰らぬ人となりました。そして戦後この事実を語り継ぐために知覧特攻平和記念館が建てられました。施設内は、戦闘機、特攻隊員の遺書や血書など貴重な資料が展示してあります。

戦闘機・隼。日本を守る、パイロットに夢見た少年たちは学校で訓練を受けた。しかし夢の実現間近で特攻に切り替わってしまった。

そもそも特攻とは

特攻とは、特別攻撃のことです。太平洋戦争末期、追い詰められた日本軍がとった苦肉の策、体当たりによる自爆攻撃でした。爆弾を飛行機や船に積んで、敵に体当たりして特攻隊員たちは死んでいきました。

涙が流れた

私は施設に足を踏み入れると一瞬にして感情的というか感情むき出し状態になってしまいました。涙が止まらないんです。本当に。特攻隊員の多くは10代後半、20代前半。私と同じ年頃なんです。彼らはある日いきなり「明日出撃しろ」と宣告され、親や兄弟に心配をかけないために次のように振舞います。「日本のために行って来ます。お母さん、お父さん靖国神社で会いましょう。」「兄弟たちには明日の日本を託す。」と強がったそうです。しかし、ベットの中では布団をかぶり、声を押し殺して泣いていたんだといいます。

特攻隊員が寝泊まりしていた半分地下に埋まる宿。半分地下にすることで、アメリカ軍に見つからない工夫だったそうだ。日本のために生きる特攻隊員たちの宿は、質素なつくりだった。

特攻隊員が一番怖いと感じる瞬間は飛行機に乗り込む時、「足」が地面から離れる瞬間なんだそうです。私は感情移入します。どんな気持ちで自分自身や親や兄弟と向き合っていたのかと考えると、涙が止まらなくなるのです。遺書がたくさん展示してあります。どんな気持ちで書いていたのだろうと想像しながら読むのですが、明日にも命が尽きる特攻隊員の心情を考えると涙が溢れ読めなくなります。

私の他にもたくさんのお客さんがいて、多くの人が涙を流しているんです。今まで見てきた戦跡の中では異様な雰囲気でした。特攻については知っていましたが、人々の心情や行動に着目したことがありませんでした。むしろこれが大切なのかなと思いました。

特攻の時代があるからこそ今がある。

知覧特攻平和記念館を見る価値は今自分が立っている世界を知れることにあります。特攻という手段を用いてしまった時代、若者が「国のために」と死んでいってしまった時代があるからこそ、今の日本、今の自分があると知ることができます。特攻があったことを肯定しているのではありません。今の自分の環境は偶然なのではなく、先人が必死に生き抜いてきたからこそ、存在しているということなのです。

私は旅をすることが好きです。この知覧特攻平和記念館に行ったのも旅です。しかも自由で好奇心に身を委ねた旅です。

明日の自由、さらには命さえ保証されない時代があったこと、身を持ってしりました。旅ができていることは当たり前のことではなく、とても幸せなことだと気付きました。歴史があって今がある、今この瞬間は当たり前ではないのです。

それを知れるのが、知覧特攻平和記念館でした。

入り口で私を迎える灯篭。雰囲気が一変する。

みなさんにとって「平和」って何ですか?