明星大学でバナナ春巻きを売りつつ、海外展示をこだわって得たこと。

明星大学でバナナ春巻きを売りつつ、海外展示をこだわって得たこと。

バナナ春巻きの季節ですね。

こんにちは。ダイキ(@daiki)です。

今日11月3日〜5日まで明星大学の文化祭(星友祭)でした。

私はBUKAS(@BUKAS)というフィールドで「活動展示」と「バナナ春巻き」を売っています。

今日はこんな人に向けて書きます。

・ダイキって文化祭、何やってんの?

・BUKASってどんな目的で出店してるの?

 

BUKASの出店

BUKASから出店しているものは以下の2つです。

  1. 活動展示
  2. バナナ春巻き(食品)

そもそもBUKASってなんだ?

BUKASは「やりたいことをやるためのフィールド」です。「やりたい!!」という熱い気持ちが、ゼロからやりたいことを創造して現実にしていきます。常識や伝統にとらわれずに、やりたいことへ一直線に挑戦できる場所です。現在は海外へのツアーをはじめ旅、社会問題や教育問題について考えるイベントをやっています。

私はそのBUKASに1年生の時から所属し、1年生の時はカンボジアへ行きました。2年生の春にはミャンマー渡航しています。

<関連記事>

 dai散歩 
大学1年でカンボジアに行って得たこと。
こんにちは。大学3年のダイキ(@daiki)です。大学1年の時(2015年春)の僕は夢のようにも思える興味がありました。それは・・・・ アンコールワットに行ってみたい 日本の外に出てみたいということでした。僕は運命的な出会いで学生のみで創るカンボジアツアーに参加...
 

<BUKAS公式サイト>

 BUKAS 
 

なぜ文化祭に出店しているのか。

展示編

展示では今年2017年の海外ツアー(Laos&Cambodia、Laos、Thailand、Myanmar)に行って各々の「伝えたいことを」表現しています。私の行ったMYANMARからは「仏教」や「ロヒンギャ難民」についての展示をしました。

展示の総合テーマは「旅人」です。こんな願いが込められています。

展示にかけた想い。展示部屋の入り口に張り出しました。

テーマ「旅人」を次の2つのステップで達成します。

  1. 異文化に触れて新しいことを知ってもらう。知る喜びを知ってもらう。
  2. 「私もなにかやってみよう!」と積極的な気持ちになってもらう。わくわくの誘発。

この2つができた時、お客さんは「旅人」となります。大学生はこうあるべきだ!!と思う姿の一つに「旅人」があります。私たちの挑戦する姿を見て、お客さんの背中を押すことが出来れば、という願いを込めて「旅人」というテーマを設定しました。

やりたいことにチャレンジする旅人を増やしたいのです。

販売

販売ではバナナ春巻きを売っています。バナナ春巻きとはフィリピンの伝統的なお菓子です。

バナナ春巻きには、上記での展示のステップ1を含んでいます。普段食べられない、食べたことがない、そんな味に出会うことによって非日常に出会ってもらうという目的を含みます。バナナ春巻きを食べて、フィリピンを想像していみましょう。

バナナ春巻き。フィリピンでは「トゥロン」といわれています。中に入っているのはバナナと砂糖のみ。シンプルであるが、外はサクッと、中はふわっと。一度食べたらやみつきに。

今回力を入れたこと。

今回私は展示リーダーをやっていました。リーダーをした理由は、展示を通して自分(BUKAS)の経験を多くの人に共有し、「やりたいことに挑戦していく」空気を広げていきたかったからです。

力を入れてみて得たこと

今回の展示で、お客さんの心を動かすことができました。(そう感じています。)具体的には「私もやりたいことにチャレンジしてみようと決めました」と数多くの方からお声をいただきました。なかには「こんなことやってみたい!」と涙を流しながらわくわくを表現してくれる人さえいました。嬉しいです。そして感謝です。

意外だったのはお客さんによって私のモチベーションをあげてもらうことが何度もあったということです。お客さんに「旅人」となってもらう、つまりきっかけを与えるという「与える」ことに重点を置いていました。しかしたくさんのお客さんと話す過程で私のやっている活動を応援してもらったり、アドバイスをもらったりすることが非常に多かったのです。

与えるより私が与えていただいたのかもしれません。考えてみれば、お客さんの心を動かし、わくわくを誘発できた場合、そのお客さんの表情や言動からかなりのパワーを与えてもらうことをしていたんだと思います。

わくわくは伝染する。

今年の文化祭は時期が来たから「展示やるか〜」ではなく「展示をやるためにに」文化祭をやる、という意識で臨みました。BUKASのダイキとしてはBUKASの数々の挑戦を伝えたいということ。ダイキ個人としてはミャンマーでの経験を伝えたいということ。そしてそんなBUKASの姿を見てお客さんに「私もなにかやってみよう」と勇気をもってもらうこと。よくまとめるのが難しいですが、結論は私、ずっとわくわくしていたんです(笑)。そのわくわくの中に人を誘発できたら、と思っていたんです。やってみて、確かにそれはできたのかなと感じています。まず私のわくわくにBUKASの何人かを巻き込み、私だけではなくなったわくわくの輪がBUKASのわくわくとなってお客さんを巻き込んだのだと思います。そしてお客さんがわくわくしているのを見て、私はお客さんのわくわくに巻き込まれたんだと思います。

わくわくは伝染する。

とても良いことを知れた文化祭になりました。

途中結果で知ったんですが、BUKASの展示の来場者は最終日の閉園2時間前の時点で1位だったそうです。最終的な結果はまだ知りませんが、これもわくわくが伝染した結果だと思い、とても嬉しいです。1位を取ることが目的でなく、「やりたいことをやった結果」高順位をいただいたので、こんなに嬉しいことはありません。

BUKASに足を運んでくださった多くのみなさん、ありがとうございました。