矢沢永吉/音漏れ参戦で知った4つのこと。

矢沢永吉/音漏れ参戦で知った4つのこと。

ようこそいらっしゃいどうも!!こんにちは。大学3年のダイキ(@daiki)です。

矢沢永吉さんって知っていますか?日本にロックンロールを普及した人と言われていますね。日本武道館でコンサートを初めてした日本人は矢沢永吉さんです。日本武道館最多公演記録も更新中です。2017年12月17日現在、141回目です。

 

 

そんな矢沢永吉さんのコンサートに今日行ってきました。

 

しかし今日はいつもと違います。

何が違うって、、、

チケットが無いんです。

無いのに武道館に来てしまったんですね〜。

 

そんなチケットなし貧乏大学生でも楽しめる日本武道館コンサートをみなさんにお見せします。

 

その名も「音漏れ参戦」

 

永ちゃんの声(以下、矢沢永吉さん=永ちゃん)がどうしても聴きたかったんです。

 

それをdai散歩仕様で楽しんでいただこうと思います。

目次 [見る]

矢沢永吉・音漏れ参戦への道

15:30/日本武道館到着

日本武道館に到着し、フラフラ。開場15:30,開演17:00。外は寒い。まだ早いか。とりあえず腹ごしらえをしてスタバへ。(そうだブログ書こう!)

九段下駅の近くにあるスタバ、オフィスビルの一角にあって落ち着いた雰囲気が素敵だ。

少し記事を書き出すと、(結局記事は途中で終わった。後日公開予定です。)

16:48!!急げ武道館へ!!

門をくぐる。

到着。ま。間に合った。

17:00〜オープニング。中が永ちゃんコールで溢れる。盛り上がりに、さらに盛り上がりができるように会場が揺れた頃永ちゃんが現れた(ようだ)。

セットリストに関してはツアー中なので言えませんが、変わらず(のよう)だった。

音漏れ参戦だからこそ知った4つのこと

  • 飲酒疑惑で会場に入れない人がいる

足止めをくらい、スタッフともめている御一行様がいた。飲んで無いと主張していたが、スタッフは「匂いがするので・・・」と。せっかく会場に入る権利があるのに勿体無い。しっかり対応しなければならないスタッフもかわいそうだった。

 

コンサートが始まると、トランポがオープンしました!!
  • 演奏で外が揺れた

世界中から一流のミュージシャンで構成されるバックバンド。その演奏では外でも揺れるような振動を感じた。それにしても外で聴いても非常に綺麗な音だ。特に私が好きなM.r Geoff Dugmore(ジェフダグモア)のドラム音が素晴らしい。バスドラやフロアタムの低音が凄まじく、スネアは中低音強調で重ための音であるが気持ち良いほど抜けていた。ドラムがどっしりとバンドの柱になっているイメージだ。

 

  • 永ちゃんの声量はやっぱりすごかった

そんなスーパーバンドの演奏をバックに永ちゃんの声は決して埋もれない。永ちゃんの声量と歌唱力は別格だ。68歳とは思えない。

  • 外で永ちゃんコールなし

会場外では永ちゃんコールなしであった!!!(そりゃそうか 笑)

コンサート終盤

最終局のエンディングに近づくと、ぞろぞろと客が出てくる。

「まだ終わってないのに!!!!!!!!」

私は心の中で叫んだ。永ちゃんがステージから去っても演奏は続いている。これを見ないなんてすっごく勿体無い。でも、帰りの電車の都合があるのか、と納得しようと思ったが、納得しきれず。

やっぱり勿体無い。

 

今日の最後の曲はドラムのMr.Geoff Dugmoreがクラッシュシンバルを2回連続で叩きフィニッシュ。姿は見えないがとてもカッコよかった。

 

(dai散歩はここまで)

 

音漏れ参戦のメリット

音漏れ参戦のメリットはイメージ力を鍛えられることです。

目を閉じて耳をすませ、永ちゃんが歌っている姿をイメージします。

ドラムのMr.Geoff Dugmoreが叩いているのをイメージします。途中からビートを刻んでいました。周りからは白い目で見られたこと間違えなしです。

なりきりながら聴けるのは音漏れ参戦のメリットだと思いました。

 

音漏れ参戦のデメリット

  • 何も見えない
  • 寒い
  • 永ちゃんコールできない

 

 

チケットが取れなかったら

永ちゃんのチケットは一瞬でなくなります。だからチケットが取れないケースは多いです。もしチケットが手に入らなくても、それでもコンサートに行きたいという方に言いたいです。上記デメリットに耐えられるなら音漏れを聴きに行ってもいいかもしれませんね。グッズも買えますよ。

最終日は絶対席で見たい!!!と思っています。