目上の人をただ尊敬するのは間違えだ

 

 

 

こんにちは。ダイキ(@daiki)です。

 

尊敬ってなんでしょうか。僕の周りで「後輩が敬意を示さない」「親の言うことを聞きなさい」などの発言が聞こえてきます。この発言に疑問を覚えます。「敬うところがない」からではないかと・・・。

今回の記事は下記の人に向けて書いています。

・後輩または自分の子どもが敬意を示してくれない・・と思っている人。

・私たちは先輩を敬ってきたのに・・と思っている人。

・今年の新人は礼儀を知らない!! と思っている人。

 

それでは始めていきますよ。

 

目次 [見る]

目上の人を敬わなければいけないのか。

「先輩を敬う」これはなぜでしょうか?

中学一年生の時、部活で初めて先輩という存在ができました。先輩より早く集合する。先輩に礼儀を尽くす。気を遣う。当たり前にやっていましたが、はたして正しいことなのでしょうか。

高校生まではこれでもしょうがないのかもしれません。しかし、大学や社会でそれが必要とは思いません。先輩後輩ではなく、一人の「人」として付き合うべきなのです。

一人の人としてフラットな関係で付き合い、いいところを敬い合う。これが真の尊敬だと思っています。年齢とか、その組織に何年いるのとか、そんなのは関係のない時代になったのではないでしょうか。目上だから尊敬でなく、良いところがあるからこそ尊敬できるのではないでしょうか。

目上の人を敬う。その確率は高いかも。

目上の人というのは、自分よりも経験値が高いです(基本的には)。したがって自分よりも技術がある。そこを敬っていることはあるでしょう。

つまり自分より優れている、良い!すごい!! と気づき尊敬する。その人が結果的に自分より目上の人が多いということなんです。

技術も経験も何もないただの目上の人が、敬えというのは勘違いもいいところです。

 

尊敬は強要できるか

 

目上の人が自分より立場が下の人に対して、「尊敬しろ」というのは無茶な話です。まず尊敬という言葉をしっかり認識する必要があります。以下に尊敬の定義を載せます。

 

その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。  ( goo国語辞典より)

 

キーワードは「認めて」という言葉です。

そう、この「認める」という行為が対象者から得られなければ、尊敬という状態にはならないのです。「認める」ということは自分ではなく、相手からされること。つまり「認められる」ということ。したがって尊敬を強要することはできないんですね。尊敬されるのを望んでいる人、残念でした。

したがって「尊敬しろ」というのは無茶苦茶な話なんです。その人が魅力的な人なら、何も言わずに尊敬されるんです。尊敬ってそういうものですよね?自然とされるのが尊敬です。

 

尊敬される最低条件

尊敬されたいと思っている人、手を挙げてください。

そんなあなたは、その対象の人とどのように付き合っているでしょうか。まさか「後輩なんだから尊敬して当然」なんて思っていませんよね?

尊敬というのは、自然としたり、されたりするものです。尊敬されたいからといって「尊敬しろ」と発言したところで無茶苦茶です。

もし尊敬されたいなら、最低限、対象者をまず尊敬することが必須です。

相手のことを上下関係ではなく、ひとりの「人」として付き合う。これが重要です。なぜなら尊敬するときは、年や、所属年数ではなく、その人の優れているところを尊敬するからです。

今までを振り返ってみてください。あなたが尊敬する人は、あなたのことを上下関係ではなく「人として」接してくれていませんでしたか?